お勧め、京都の私大特集

同志社大学とは

同志社大学とは

京都私大でトップを誇る名門大学

立命館大学の話をしていると、どうしてもこちらの大学がちらついてしまうのは仕方のないことだろう。それくらいこの大学は関西の中でも有名なところとなっているが、中には関東圏からの入学者もみられるくらい、相当優秀な大学なのが次に紹介する『同志社大学』についてだ。先にも話したが関関同立の『同』に当たる学校で、難易度も全国優秀の人気私大の1つとしてカウントすることが出来るところだ。

優秀、もしくは難関大といった表現で言い表すのは難しくないが実際にどの程度難しいのかを考えて見ると、どれくらい凄い大学なのかを把握することが出来るだろうと思うので、関東圏内で基準となる大学から先に紹介すると、立命館はMARCHクラスとなってるが、同志社大学の場合はそれ以上となる。いわゆる『早慶上智』と呼ばれるところで、早稲田大学や上智大学などと変わらない難関校となっている。つまりだ、先に紹介した立命館大学などよりも遥かに上位校として見られており、また関西の中でも大半の受験者が一度はこの大学に通学したいと考えているところとなっている。第一志望としている人もいるだろうが、難関校らしさの試験の難しさも噛み合って合格を勝ち取るまで相当の努力が必要となる。

同志社大学があるのは京都市の中でも中心的なところにキャンパスがあるのも有名で、そこで日々行われている勉強の日々を過ごすことを夢見ている人もいるだろうとは思う。またそれ以外にもこの同志社大学は日本の大学史において、極めて重要な地位に位置づけられていることで有名な話だ。

ここからは同志社大学について話をしていこうと思うので、まずは簡単にこの大学の歴史から読み解いていこう。

じぶんにあった大学を探す

西日本で初めての大学

同志社大学の歴史は明治8年にまで遡ってからの話となる。創設者である『新島襄』が同志社大学の前身である『同志社英学校』を設立したところから、同志社大学としての歴史が加速することとなる。『英』という文字を利用していることから分かるように、新島氏は幕末から10年という長い時間をかけて海外の文化を学ぶために留学していた。そうして学んできたキリスト教を学ぶことが出来る教育機関を作ろうといった意志が発端となり、現在の同志社大学へと継承されている。このことから分かるとおり、当大学は敬虔なキリスト教系列の大学となっており、伝統とキリスト教を学ぶ上では京都府の中で有名なところとして知られている。関東圏でいうところの『青山学院大学』・『立教大学』・『明治学院大学』などと同程度と考えてもらえれば良い。

新島氏が京都に前身となる教育機関を設立することを決めたのかというと、当時はまだ京都には教育機関が十分ではなかったことが関係している。時間的なところでも分かるように、戦術に紹介した立命館大学よりも古い歴史を持っていることから、同志社大学は西日本地域ではまだまだ教育施設が満足ではなかった西日本に私塾を創設することで、より幅広く人々が学べる機会を設けようとした。ただ顛末としてそんな簡単にはうまく行かない、授業カリキュラムには欧米諸国の文化、つまりキリスト教を信奉する学校だったことから、それまで外国文化に排他的な思考を持っている人々がまだまだ多かったため、彼の行動は中々前途多難だったようだ。

最初こそうまく行かなかったが、京都で人脈作りに成功すると、そこから京都で教育機関を設立することを決めて動き回ることとなる。そうして創設されたのが件の英学校だ。最初こそ教員2名の、生徒8人からのスタートとなったが、翌年には生徒数も増加して行くこととなり、関連する教育施設を徐々に増やしていったことで京都にある学校機関として取り上げられるほど知名度を上げることに成功する。

その際に新島氏が新聞を通して発表したのが、『同志社大学設立の旨意』を発表することで、これからの日本には教育機関が必要であること、今を生きていく若者達には新しい価値観を持って未来をいきていかなければならないことを訴えるのだった。それはまさに日本そのものが世界へと今まで閉ざしていた門扉を解放するように、日本人もこれからは世界を見据えて活動していかなければならないとばかりに、もがき苦しんでいる様子を遠くに見ることが出来る。

こうした宣伝によって同志社大学は当時の東京でも大々的に報道され、数多くの激励や支援が集められてようやくのスタートを切ることに成功した。その後に続くように立命館大学がその歴史を見せるこことになるのだが、同志社大学はそこでも一歩先に進むように、後に立命館が苦しむこととなる大学令による大学認可について、難なくクリアして西日本初の『大学』として正式に認められるのだった。

名門校としての歩み

その後の同志社大学は1つのブランドとして、確かな評価を歴史の歩みと共に高めていき、そして多くの学生、ならびに市民などから信頼を寄せられる名門校へと進化することに成功する。こう言ってはなんだが、立命館大学とは比較にならないほどとしても評価されているのが事実だ。また関関同立、関西大学・関西学院大学といった有名校よりも優れている、関西の中でも随一を誇る難関校としても知られているため、関東でも立命館を知らなくても同志社大学は知らなくてはならないレベルの大学であるといえる。

同大学の理念は当時から代わる事無く、継続してキリスト教に秀でたカリキュラム体制となっているため、敬虔なクリスチャンでも通うことが出来る大学としてもその名を知られている。設立当初はキリスト教に対して否定的な考え方を持っている人がほとんどだったが、時間の流れと共に英語圏に対する考え方も柔軟になっていったことで、よりその名が全国規模で知られる一因ともなる。

そんな同志社大学について、ここからは少し話をしていこう。

塾えらびなら
[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]