お勧め、京都の私大特集

特徴について

特徴について

英米文学も勉強できる

今のご時勢、大学に入学すればある程度の学問ならどんなものでも学ぶことが出来る、龍谷大学のように仏教を信奉しているところであっても英語を学ぶことは欠かせない。ここが面白いところだ、日本の大学では総合的に学べる環境として用意されているのはもちろんだが、仏教の大学で英語学や英米文学に関して勉強していると何処となくシュールに感じるのは気のせいではないだろう。どうせなら大学が得意としている学問に傾倒してみるのも分かるが、宗教を実際に学ぶとなったら中々簡単に勉強して理論などを理解しよう思っても、思うように自分のものとして持論が展開できるようになるまでかなりの時間を要する。

さすがにそうした行為はあまり生産的とは言い切れないので除外するとしても、この大学でもやはりテーマとなっているのは国際社会に向けての人材作り、こちらについても少なからず重点を置いて話を進めている。また建学の理念として挙げられている浄土真宗に基づいて、精神的に豊かな人間力を養成する事で、学術文化に対して影響力を及ぼせる人材を育成することを目標としている点でも、この学校が単純に仏教だけを学ぶことを推奨しているわけでは無い、キチンとした教育機関として存在していることを証明している。

そんな中で、龍谷大学がこれから先必要と考えられている学部についても、また学校の質として求めている目標地点はまだまだ先の話になるが、確実に一歩ずつ進んでいることも分かってくるだろう。では次はそんな龍谷大学の、ここから始まりをつけていくあたら強い特徴についてあらかた話をしていこう。

じぶんにあった大学を探す

新たな学部の誕生

龍谷大学について話をして行くとある二つの特徴的な出来事に遭遇する日が迫っていることを何となく理解しているだろう。ホームページにも紹介されているが、それは『農学部』と『国際学部』という、2つの新しい学部が新設されることだ。後者の国際学部に関しては誕生、というよりは今年度の新入生までで募集が止められた『国際文化学部』から進化したという風に見た方が適切だろう。このご時勢に新しい学部の他にこれまで存続していた既存の学部を違う形態に立て直すことで、それまでなかった新たな学問としての形を樹立することによって、将来的に大きな役割を持つことが出来る人材を育成する、といったところが建前になっていると分析して問題ないだろう。

特に農学部については深刻な状況に追い込まれている事は、いくら世情に疎い人でも何となく察しているだろう。その影響力が大きく関係している出来事と言えば、やはり2011年に起きた東日本大震災と、現在まで交渉が続けられてるが一向に進まないTPP問題などとかみ合っているからこそ、これからの時代には農学部は重要な学問として扱われていくべきだと判断したからこその樹立なのだろう。

持続可能な社会の形成

もう少しサンプルとして、農学部に焦点を当てて話をして行くとやはりここでも出てきたなぁという印象を持ったのが、『持続可能な社会』という言葉だ。ストックホルムでは積極的に行われている、無駄のない社会システムを構築することで、資源を無駄にすることのない世界を構築して行こうとする考え方だ。最近出てきた言葉でもないので、色々なところで見聞きしている人もいると思う。

何でもかんでも新品に傾倒するのではなく、古い物を長期的に使用し、もしもリニューアルできるような術を持っているのであれば、長期的に活用して行くことを推奨している。勿論いくら持続可能とはいっても、完全に使えなくなったものを永続的に使い続けるといった考え方ではなく、あくまで再生して使用することが出来るプロセスを社会全体に、新しいシステムとして組み込んでいくための手段だ。

こうした問題を考えなくてはならない理由には、食の安全という保障されていなければならない安全がキチンと為されていない時があるからだ。大手メーカーの輸入物が消費期限が切れているにも関わらず商品として活用していたため、某大手チェーン店は赤字の危機に見舞われている。それでも外食産業が著しい低迷期に見舞われているため、一概に言えることではないが、とにかく本来守られているはずの食材などが安全に食べることが出来ない危険性も孕んでいることを覚えておく必要がある。

そういった意味でも、農学部を設立することで将来的に食で悩まされる社会にならないよう、安全に職を守ることが出来る人材を育成して少しでも社会に役立てるような、そんな活躍を期待しているのかもしれない。

塾えらびなら
買取(広島)はおまかせ!パソコン、家電、電動工具、オフィス用品・事務機器、厨房機器、ブランド品や時計、金・プラチナ・宝石、貴金属、お酒類 を最高相場の限界値で現金買取しています。
[an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive][an error occurred while processing this directive]